contents

work1

用語集 マ行





■【マネーサプライ】

通貨供給量のことです。平たく言えば、世の中のお金のまわり具合です。マネーサプライが増加するということは、お金の循環がよくなるため、景気にとってよい働きをします。逆に、マネーサプライが減少するとお金の循環が悪くなり、景気の減速要因となります。マネーサプライは日本銀行が毎月発表しています。



■【ミニ株(株式ミニ投資)】

単元株以下からでも株を買える制度ことです。これにより、少額からの投資が可能となりました。証券会社によっては、取り扱っていないところもあります。【取り扱っている証券会社】 マネックス証券、カブドットコム証券など



■【無議決権株(むぎつけんかぶ)】

株主総会での議決権を行使できない特殊な株を指します。



■【銘柄(めいがら)】

会社もしくは会社の名前と思ってください。使い方としては、「一流の銘柄」「値上がり銘柄」などといいます。



■【銘柄コード(めいがらこーど)】

「証券コード」と同じです。や、企業名の横についている通し番号です。上場している会社には全てつけられています。会社四季報などはこの順番に掲載されています。



■【目論見書(もくろみしょ)】

新規公開株(IPO)の売り出しの時や新たに株を発行する時に投資家に向けて、「うちはこういう会社ですよ」ということを知ってもらうためにつくられます。目論見書の内容は、発行者の名前、事業内容、資本の構成などその会社の情報がつまっています。投資家はその目論見書を読むことで、正しい投資判断ができることになります。



pagetop