contents

work1

2. 資金管理を世に送り出したトレーダー

さまざまな資金管理の戦略を検討する前に、資金管理を世に送り出したトレーダーとして、ラリー・ウィリアムズをはずすことはできない。 彼は資金管理の戦略について世間に広めたパイオニアです。しかし、多くのトレーダーは資金管理のことを知らないし、彼の行った貢献に無関心です。 ラリー・ウィリアムズは1966年以降トレードを専業にしています。彼が資金管理をトレーディングに取り込んで大きな効果を生んだのは1980年代になってからです。 あまりにも効果的だったので、それによって彼はトレーディングコンテストで何度も優勝しました。伝説となっているのが、ロビンズカップ。 ロビンスカップとは、 「自分の資金を1年間でどれだけ増やせるか?」を競う、リアルマネー・トレーディングの競技会です。 彼は1987年の大会で、11,376%の収益率(約114倍)という前人未到の大記録を作り上げました。今日では、資金管理は一般に広がっていて、 それに関する著者も多く出ています。彼曰く「くどいようだが、資金管理に関しては可能な限り学ぶべきである。」彼は優位性のある、それも極めて優れているわけでもない。 「資金管理」という現代版錬金術により、記録を作り上げました。

・売買ルールを作り、検証し、期待値の高いルールを作る。
・資金管理戦略を学び、資金管理ルールを作る。
この2つ、重要で、かつ簡単なのは、「後者」です。しかし、多くのトレーダーは前者しか行わず、後者は殆どほったらかしです。売買ルールに縋る前に、資金管理を強化すると、日々のトレードが思いもよらないほど、楽になります。

pagetop