contents

work1

投資レベルの自己判定

日経225のデイトレーダーは、一日一日が戦いです。投資家やトレーダーは、知識や経験が深く長い程投資レベルは高いと判断してしまいがちです。 ここにも「落とし穴」があります。再度、投資レベルの自己判定をしていただきたいのです。

初級者:
損切ができ1ない。
含み益より、評価損を抱えていることの方が多い。
気持ちや心理状況により、トレードしてしまう。
投資技術の勉強を怠り、売買ルールの根拠が無い
。 トータル成績は常に大幅なマイナス。


中級者:
損切はある程度できるが、利益を伸ばすことができない。
目先的な利益に走り、少しでも利益が乗ると利食ってしまう。
売買ルールを持っているが、裁量で変更してしまう。
忙しいだけであまり儲かっていない。
運用成績は伸び悩み。


上級者:
損切が明確にでき、利益を伸ばすことができる。
自分の投資スタイルを持っている。
常に利益が積みあがっている。


いかがでしょうか。初級者の方は、まず何と言っても「損切」を徹底することです。投資に損はつきものです。 たとえ、「相場のプロ」であっても、 損をしないということはありません。投資で儲からない最大の原因はなんでしょうか。それは、「引かされた」ポジションを、 いつまでももっている」からに他なりません。評価損は膨らむし、資金効率も悪くなる。評価損がトレードの時間外でも気になり、 精神的に良くない。結果、うまくいきません。一度経験されたことがある方は十分承知していることでしょう。「評価損」は許容できるが 「実損」は許容できない。これは人として当然なのです。悪くなったものを改善しようと、なんとか損を救済しようとしてしまいます。 しかし、トレードの世界では、悪くなったものは切り捨てなければいけません。以前お伝えした「プロスぺクト理論」を、 打ち破ることが、初級者脱出の条件です。そして良くみてほしいのは、「上級者の条件」です。損切が明確にでき、利益を伸ばすことができる。 自分の投資スタイルを持っている。これだけです。良い売買ルールを、ルール通りにやる。あとは売買ルールを増やすなり、 しっかりと資産運用を行なっていくことです。

pagetop