contents

work1

投資で最も難しい事

投資で最も難しいのは、何だと思われますか?「売買ルール、戦略の考案」「資金管理」ではありません。 最も難しいのは、「感情のコントロール」です。投資の経験がある人なら、だれでも頭では理解していることです。 相場では、本能、感情、主観、欲の赴くままに行動すると、損を認めたくないあまりに、必ず破綻します。 しかしです。損切が必要であることは十分理解しています。堅い決意をもって挑むのですが、実際にそのときになると、 なぜか実行できないのです。どんなに素晴らしい売買手法を利用しても、どんなに成績のよいシステムトレードを利用しても、 「感情」が邪魔をして実行できないのです。投資は孤独なビジネスです。何かを心のよりどころにしたくなるものです。 そのため、投資雑誌や投資評論家、株式サイトや投資顧問のなどの意見には耳を傾けたくもなります。 傾けるときにも、何かしら塩漬けや含み損のものがあれば、それに有利な情報だけを追い求め、なんとか今持っている含み損を 「正当化」することに走ります。それは、まったく意味を成しません。むしろ資産運用の弊害です。 まさにこれが「投資家の感情」なのです。そう、「プロスペクト理論」です。投資の判断を行なう時は「深く考えすぎないように」することです。 投資に絶対や完璧はありません。不可能です。あれこれ考えすぎると、どんどん答えは湾曲します。これを習慣化するために、自分なりの売買ルールを ノートなど書き出し、それに従って客観的に、機械的に判断するように努めます。 しっかりとした基準を設けていないと、勝っている時は強気に、負けている時は弱気になって客観的な売買ができなくなってしまいます。 トレードは最終的には自分の考えで判断し、自分の足で歩かなければなりません。いつまでも他力本願的な売買では成長しません。 そのために、早く投資家自身の売買ルールの確立し、そして、それを続けることです。投資は心理戦です。人が相場を動かしています。 心理的に追い詰められては、既にその戦いに負けています。インターネットが普及して情報が溢れ返っている、そのノイズに自分のトレードを見失う事無く、 安定した心理状態で売買しなければならないのです。

pagetop