contents

work1

ドローダウンを愛でる

これからあるシステムトレードを運用することになりました。パフォーマンス指標のうち、「どれか1つだけ」しか、 教えてもらうことができない場合、どれを選びますか?

勝率
プロフィットファクター
ペイオフレシオ
期待値
損益
最大ドローダウン

私は「最大ドローダウン」を選びます。なぜなら、「ドローダウン」が好きだからです。・・・どんだけマゾなのかと思いのかたもいるでしょう(笑 まず「ドローダウン」とは、「一定期間における、資金の減少量、もしくは資金の減少率」です。具体的な例をあげていきます。 300万円証拠金をいれて、ラージ1枚でシストレをします。初日は10万負けて290万になり、翌日8万取り返し、298万になった。 この場合、300万から290万まで負けましたので、「ドローダウン(一定期間における、資金の減少量)」は10万円です。 その後連勝して450万まで到達。が、15万のロスカットが連続して2回があり、420万になったが、その後また連勝。480万まで増やした。このトレーダーの「最大ドローダウン」はいくらでしょうか。初日の負け10万のドローダウンと、15万×2=30万のドローダウン 2つのドローダウンがあります。一番へこんでいるところが「最大」ですので、30万が最大ドローダウンです。資金の額ではなく、 資金の減少量という所がポイントです。トレードは「リスク(損失)をコントロールすること」が重要であり、そのリスクを計る指標として、「ドローダウン」は大変重要な役割を果たします。もしこのシストレの最大ドローダウンがラージ1枚あたり500万だったら、 この投資家は100%退場になるでしょう。200万だったら、資金的には耐えられますが、心が折れるでしょう。 もし30万だったら・・・心理面でもストレスは少なくできると思いませんか?また、他のパフォーマンス指標も期待できるでしょう。 また、ドローダウンが限りなく『ゼロ』に近いシストレであれば、全くストレスも無くなりませんか?その期待値がいくらであれども。 また、ドローダウンは資金管理を行う際も、重要な役割を果たします。資金管理方法の一つとして、最大ドローダウンを元にどれぐらいのリスクまでが許容範囲なのかを計り、ロットを決める方法が、良き資金管理方法として採用されます。最大ドローダウンではなく、1取引最大ドローダウンも良く使われます。このように、ドローダウンは大活躍です。みなさんも、ドローダウンを愛でましょう。

pagetop