contents

work1

ファンダで勝つか、テクニカルで勝つか


日経225も然り、株、FXに投資を行なう際に、「ファンダメンタルズ分析」か、「テクニカル分析」か、という話が良く出てきます。 ファンダメンタルズ分析とは、グローバル経済や国内景気・金融等のマクロ分析から、株では企業の財務分析や成長性を中心に相場分析をするものです。 テクニカル分析とは、将来の取引価格の変化を過去に発生した価格や出来高等の取引実績の時系列パターンから予想・分析しようとする手法です。 将来の取引価格の予想を需給、収益性評価およびそれらの背景となる経済情勢分析に基づいて行う手法。(wikipediaより抜粋) 場面に合わせて使用する、「ハイブリッド型」の方もいるでしょう。どちらが良いか、は一概には言えません。が、「ファンダメンタルズ」は プロの投資家の方の方が、情報が早く入ってきます。一般投資家には遅れて入ってきてくるものです。一方テクニカル分析は、プロも一般投資家も、 同じタイミングで分析ができます。どちらが勝ちやすいか、となると、平等に情報が入ってくる「テクニカル」の方が勝ちやすいでしょう。 どっちが勝てるかとかではなく勝てればなんでも良いのでどちらの分析方法も、相場でうまく使っていきましょう。

pagetop